×

CATEGORY

10,000円(税込)以上で送料無料※一部離島を除く
15:00までのご注文で即日出荷可能 ※水曜日を除く

CATEGORY

INFORMATION

CONTENTS

HOME»  ビスケット(人形・置物・飾り物)»  セーブル ベートーベン 古色炻器 フランス製 ハンドメイド 置物 飾り物 1968年復刻 Sevres

セーブル ベートーベン 古色炻器 フランス製 ハンドメイド 置物 飾り物 1968年復刻 Sevres

ぼさぼさの髪で目を閉じ眉をひそめた、非常にロマンチックな音楽家の代表者をここに見る。
セーブル工房の古文書館の資料には、この作品は同様に柔炻器と磁器でも制作されていると記されている。
整理されたセーブル工房のアーカイブスの登録簿によると。
1947年以前に75作品が制作されている。この作品は1968年に制作されている。

  • セーブル ベートーベン 古色炻器 フランス製 ハンドメイド 置物 飾り物 1968年復刻 Sevres

  • 型番・品番

    sevres-gp-beethoven7a

  • 販売価格

    825,000円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • ★フランス国立セーブル陶磁器製作所工房作品詳細★
    ブランド(原産国) 【セーブル・Sevres】フランス
    作品名(パターン) Ludwig Von Beethoven,1929
    (ルートヴィッヒ ヴァン ベートーベン,1929年)
    原作制作年度 1929年 Bernard Milleret(ベルナール ミルレ)
    復刻年度 1968年 Charles Despierre(シャール デピエール)
    作品サイズ 高さ:23.5cm,幅:21.5cm,奥行:14cm
    特記事項 画像と実際の作品の色合い及び風合いは、微妙に異なります。
    ギフト包装 対応できません。
    参考上代(定価) 825,000円
     
    作品説明
    原作者:Bernard Millere(ベルナール ミルレ)
    外部提携者、1929年にセーブル工房へ彫刻のモデルを進呈した。
    クリエーター:Charles Despierre(シャール デピエール)
    フランス国立セーブル陶磁器製作所工房で創作活動をしたビスキュイ作家、陶芸家。
    ビスケット・胸像
    【素材:古色炻器】
    この作品の古色炻器は十八世紀から続く型取り・修復作業アトリエで制作されました。
    ここではセーブル陶磁器製作所の白色磁器や彫刻類(丸彫り、浅浮き彫り)、
    ビスケットという意図的に釉薬をかけない
    白色磁器の作品が1751年及び1752年から制作されています。
    作品にはセーブル工房のロゴと復刻年度が刻印され、
    クリエーター及び原作者のサインが彫り込まれています。
    ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーベンは、ドイツの作曲家である(1770年生、1827年3月26日死去)
    神童と言われ、父により早くから厳しい音楽教育を受けた。
    宮廷劇と宮廷礼拝堂のオルガン奏者クリスチャン・ゴットロープ・ネーフェの助手となり、
    テアトル・オーケストラでの第二オルガン奏者とヴィオラ奏者に任命され、
    そこでフランスとイタリアの歌劇に親しむ。その後、ハイドン、アルヒレブツヘルガー、
    サリエリらに学び、ピアニスト、名即興演奏家として、
    彼はその個性と独創性とで人々を大変驚かせた。
    後、ウィーンに移り、そこでピアノの為の曲や、ソナタ、メヌエット、
    彼を有名にしたリーダなど、多くの作品を書いた。
    それから1796年から1798年の間、彼はプラハ、ライプチヒ、ドレスデン、ベルリンへ巡業に出る。
    1796年、耳の難聴に犯され始め、その後彼の耳は1819年に完全に聞こえなくなってしまう。
    1802年から1812年の間に、彼は数多くの作品を残し、様々な庇護者や保護者から、たくさんの注文を受けた。彼の唯一のオペラである1805年のフィデリオ(1806年改訂)もこの10年の間に創作され、
    1806年にはピアノ協奏曲四番や交響曲第四番も作曲した。その後1812年夏、一時活動をやめ、
    後退の時期に入った。「これからは、未来の人類の為に、もう作曲することしかないと決心し、
    難聴と孤独の中に塞がれながら、彼は全ての音楽史上で最も壮大な作品のいくつかを、
    人生の後半期に作ろうとしていた、それは彼がまだしていなかったピアノとオーケストラの様式をさらに新しくし、19世紀の音楽改革に向けて準備をすることにあった。
    この時期、5曲の最後のソナタが出来上がる、
    グランド・ソナタ(作品106 ハンマークラビア 1818年)、荘厳ミサ曲(1822年)、
    ディアベリのワルツを主題とする33変奏曲(1823年)、第九交響曲(1824年)、
    弦楽四重奏(1824-1826年)である。」
     








関連商品