CATEGORY

輸入ブランド陶磁器を卸売価格でご提供
TEL.048-773-8808/FAX.048-772-2556

×

CATEGORY

10,000円(税込)以上で送料無料!!
10,即日出荷可能

CATEGORY

INFORMATION

CONTENTS

ギフト包装無料対応
HOME»  ビスケット(人形・置物・飾り物)»  セーブル 人形 白磁(PT) ハンドメイド 狩猟の休息 2001年復刻 フランス Sevres

セーブル 人形 白磁(PT) ハンドメイド 狩猟の休息 2001年復刻 フランス Sevres

当時、流行した結髪リボンをつけた、男女の狩猟人が岩の上に腰掛けた様子を描いている。傍らには狩猟犬と雉の死骸がある。
1766年に製造されて、最初にこの作品を購入したのは当時の王様であったとされる。
モデルとなった女性像は1762年と1763年のFrancois BOUCHEERの絵画に見られる。

  • セーブル 人形 白磁(PT) ハンドメイド 狩猟の休息 2001年復刻 フランス Sevres

  • 型番・品番

    se-pt-le-ropos-de-chasse7a

  • 販売価格

    1,620,000円(税込)

  • オープンプライス

在庫切れボタン
  • ★フランス国立セーブル陶磁器製作所工房作品詳細★
    ブランド(原産国) 【セーブル・Sevres】フランス
    作品名(パターン) Le Ropos de Chasse(狩猟の休息)
    原作制作年度 1776年 Etienne-Maurice Falconet(エティエンヌ-モーリス ファルコネ)
    復刻年度 2001年 France Tocquevill(フランス トックビール)
    作品サイズ 高さ:18cm,幅:18cm,奥行き:15cm
    特記事項 画像と実際の作品の色合い及び風合いは、微妙に異なります。
    ギフト包装 無料で承ります
    参考上代(定価) オープンプライス
     
    作品説明
    クリエーター:France Tocquevill(フランス トックビール)
    フランス国立セーブル陶磁器製作所工房で創作活動をするビスキュイ作家、陶芸家。
    ビスケット・白磁人形
    【この作品は十八世紀の技法による軟質磁器 PT(ソフトペースト)によって制作されています。】
    この素焼き白色磁器(ビスキュイまたはビスケット)は、
    十八世紀から続く成型・修復作業アトリエで制作されました。
    ここではセーブル陶磁器製作所工房独特の白色磁器や彫刻類(丸彫り、浅浮き彫り)、
    「セーブルのビスケット」という名称の意図的に釉薬をかけない
    白色磁器の作品が1751年から制作されています。
    作品にはセーブル工房のロゴと復刻年度が刻印され、作家のサインが彫り込まれています。
    セーブル工房の「ビスケット」という呼び方は、
    1751年以来の釉薬も彩色も無いセーブル工房の陶磁器彫刻のことを指す。
    この呼び名は白い大理石の無垢な冷ややかさを喚起させると同時に、
    マイセンの彩色された彫刻作品と区別する為に積極的に取り入れられました。
    ☆Pate tendre(ou P.T)ソフトペースト(軟質磁器P.T)☆
    セラミック素材の呼称であり、
    半透明でカオリンの発見以前のヨーロッパで開発された硬質磁器のベースとなる素材。
    今日、PTは十八世紀の素材のバリエーションのひとつであり、
    1980年にセーブル工房で再開発され、1260℃で焼かれたものが作られました。
    「ソフトペースト(軟質磁器)のパテは20ほどの要素から構成されています。
    初めのものは鉱物(岩)の結晶、ガベルの塩、岩石の明礬、アリカントのソーダ、
    モンマルトルの採石場の高熱で焼かれた石膏、
    そしてフォンテーヌブローの砂で構成されている。全ての素材は焼いてから使用される」
    (セーブル陶磁器博物館におけるファルコネ展の図録より抜粋)
    ※複雑で高度な技術を要しコストのかかるこの製法は
    1804年に中止され近年まで生産が中断されていました。
    しかしジスカールデスタン大統領の時代、彼の命により再生産が開始されました。
     
    ★Etienne-Maurice Falconet(エティエンヌ モーリス ファルコネ)★
    (1716年12月1日に生れ、1791年1月24日にパリにて歿)職人の家系に生れ、
    彫刻は伯父の大理石、石工師のNicolas Guillaumeに学んだ。
    その後1730年頃から木や粘土の彫刻を始め 1734年に Jean-Baptiste II Lemoyne(1704-1778)の
    アトリエに入る。同氏はAnne Suzanne Moulinと1739年に結婚し4人の子供を持った。
    その子供の一人が将来、図案家、彫刻家、画家になる Pierre-Etienneである。
    1745年Etienne-Maurice Falcontは芸術大学に入学が許可される。
    1754年Milon de Crotone賞を授与される。その賞品は現在ルーブル美術館に保管されている。
    その翌年、同芸術大学の助教授になり1761年に教授、1783年に副学長となる。

    芸術家の師弟の絆は強く又その助言者達にも特別な関係が生れやすい。
    Marie-Anne Ollot(1748-1821)は Lemoyneのモデルであったがそのアトリエに通う
    Pierre-Etienne Falcontと1777年に結婚した。只1780年には離婚する。
    この彫刻家の性格は結婚生活には向いておらず、
    次世紀に対し制作した数々の作品の傾向のように革命的な気性が災いしたようだ。

    Falcontの作品に多くのFrancois Boucherの影響を見逃すわけにはいかない。
    この2人の芸術家はCrecy城の庭園内にある、酪農場に設置するための彫刻像の下見の際
    1749年に初めて出会った。
    この酪農場はポンパドール夫人の別邸として模様替えが行われていた。
    Boucherの図案てFalcont がビスキュイを制作するパターンは後の
    セーブル工房での制作へと引き継がれていく。

    1757年、王立セーブル工房の彫刻部門責任者に任命される。
    Falcont は週のうち一日をセーブル工房で仕事をした。磁器作品の前段素焼きの原型作りである。
    多くの作品はFrancois Boucherの図案構図や絵画からの啓示を受けている。
    ポンパドール夫人所有のCrecy 城の別邸に置かれた数々の作品も
    このBoucherの絵画の影響が多く見られる。
    その後、次第にFalcontの制作テーマは二つの流れに絞られて来た。
    一つは「子供」をテーマにした彫像でありもう一つは「 Fontaine寓話」である。
    只ここでもFrancois Boucherの芸術的相続人であることに変わりはなかった。
    小彫像の作品群は「動き」に重点をおいてセーブル工房で磁器素材で制作された。
    この作風は1764年から1766年にかけて広く欧州全体へ波及した。

    Falcontは彫像制作において、囲いを使わずソフトペーストのみで造型をする新しい技術を
    1752-1753年より開発しビスキュイ、小彫像の制作がセーブル工房で始められる。
    制作期日の大幅な短縮が可能となり裕福で芸術愛好の一般市民からの注文も可能となり
    商業的にも成功を収める。
    Louis Reauの書評に
    《芸術家が創る彫像 の原型はまるで舞台の仮の彫刻像のように素早く出来上がり、1756-1766年の
    間は特にその作品群はMoreauの黄色い証書と共に市場に販売されLouis XV 世の世を謳歌した》

    Pierre Ennesも彼の展覧会の記事の中で《セーブル工房のFalcont》の題で
    Etienne-Maurice Falcontのビスキュイ素材についてふれている。
    《VASE(カビン)に古式鉄廻し装飾したり、ギリシャ風花ぶな装飾は多分初めての試みであろう。
    又、同 186ページにこのような装飾は作品を強固に長持ちさせる効用もある。
    この装飾が次代のセーブル工房の Louis XVI世様式の下地になったことは疑う余地は無い》とも
    記されている。

    並行して Etienne-Maurice Falcontはセーブル工房にて大理石塑像に似た彫像を創り
    1754-1765年の間定期的に作品の発表を展覧会で行った。
    (作品名:L’Amour menacant et La Baigneuse1757年作, Pygmalion et Galatee1761 年作)
    又パリの教会の礼拝堂の装飾も制作し、その後Marduel修道院のイコン制作などへの助言もした。
    複数の大理石像についての図形教本などの制作もおこなっておりその内容は現在においても
    なんら古臭いものではない。

    他には個人の好事家に1758年l’Amour Falconet et la Nymphe qui descend au bainの彫像を創った。
    この作品は後年二つの作品に分けて再度作られ展覧会へ出展された。
    一つは 1761年、もう一つは1762年である。

    1766年9月フランスを出国しロシア皇帝Catherine II 世のサンクトペテルブルグヘ移り
    1778年まで滞在したその間多くの記念碑制作を手がけた。

    フランスに戻った後 1783 年に病に陥り彫像についての論文整理に専念する。
    又、古来の芸術文献を学び芸術大学の良き助言者としてあり続けた。
    Falcontには変わらぬ後援者と友がいる。彫像の良き理解者であるポンパドール夫人
    1752年にLa Musique、花と果樹の女神の彫像をCrecy城に制作し、
    1757年L’Amour像をパリの別邸に制作した。この建物は現在は大統領官邸となっている。
    Falcontの友人である Denis Diderotの伝評作家でもあるが
    《ここに一人の人間がいる。比較のしようのない万物起源の質のわかる者。彼は土を練る》
    Diderotは1759年、百科全書の彫刻に対する技術、哲学の深遠な説明を生み
    いつまでも変わらぬ友情は終わることが無かった。
    他にもDimitri Alexievitch Galitzine王子(ロシア皇帝Catherine II世の
    在フランス大使も1765 ~1767年に努める)Falcontのロシア滞在中の住居も提供した。
    1773年には Diderotと3人の面談もロシアで成った。

    Etienne-Maurice Falcontは数多くの素焼き塑像も制作した。
    注文はフランス王の建物のための作品もあるが、
    特筆すべき新しい装飾は1753年パリの Saint-Roch 教会、 Marduel修道院の作品である。

     












関連商品

特定商取引について

特定商取引について

お支払いは、代金引換・銀行振込・郵便振替・クレジットカード決済・オンラインコンビニ決済・銀行系決済・電子マネー決済がご利用頂けます。
代金引換銀行振込郵便振替

クレジットカード決済

コンビニ決済

銀行系決済・電子マネー決済

送料について

送料は下記の通りです。(下記料金は全て税込です。)

1,800円: 沖縄県
1,300円: 九州全県
1,200円: 北海道
1,200円: 四国全県
1,100円: 島根・鳥取・山口・広島・岡山
1,000円: 青森・秋田・岩手
1,000円: 大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫・和歌山
900円: 宮城・山形・福島・新潟・長野・群馬・栃木
・山梨・茨城・埼玉・千葉・東京・神奈川・富山
・石川・福井・静岡・愛知・三重・岐阜

※離島地域の方は別途メールにて送料をお知らせいたします。
※上記本文中の商品代金・送料・代引手数料は全て税込みのものです。
一箇所につき商品代金10,000円(税込)以上お買上げいただきますと、送料が無料となります。
※配達日時の指定が可能です。
日時指定の場合は3日以降のお日付とお時間をご指定下さい。

・午前中(12時まで)
・14時から16時
・16時から18時
・18時から20時
・19時から21時

返品・交換について

・不良品・破損品が届いた場合には、速やかにご連絡下さい。
送料弊社負担にて良品にて交換させていただきます。
お客様のご都合による返品は、開封前に限りお客様送料負担にて承ります。

引き渡し時期

・商品の在庫がある場合は、入金確認当日15時までの場合,当日又は翌日発送させて頂きます。
在庫が無い場合は、入荷時期などを確認させて頂きまして、ご連絡差し上げます。
配達業者はヤマト運輸を使用します。
 
※詳細は【特定商取引法】をご確認下さい。

お問い合せ先

お問い合せは、お電話・FAX・E-mailにて承っております。
TEL:048-773-8808/FAX:048-772-2556
E-mail:info@metcorp.co.jp
営業時間:11:00~18:00
定休日:毎週水曜日